疣鯛開き
スタッフ写真
旬の脂の乗った疣鯛は、英語で「バターフィッシュ」という名の通りバターに似た香りがほんのりする時があります。“干物”というと和を感じさせますが、ムニエルやバターソテー等、洋風の料理にして食べるのも美味しいですよ。淡白でプリッとした食感がクセになる魚です。関東の方で根強い人気があります。(スタッフ 宮本)
調理例
調理例
エボダイのバターソース
1.フライパンにバターを溶かしニンニクスライスを入れ、エボダイと野菜(玉ネギスライス、しめじ、パプリカ細切り)を入れ、白ワインを加えて蒸し煮し、塩・コショウで味をととのえる。
2.皿に1.を盛り付け、溶かしバターをかけてから、プチトマト、茹でたブロッコリーを添えてお召し上がりください。
お客様の声
お客様の声
身がふっくらやわらかで、やさしい味。
商品を見たときから、干物なのに身が厚くておいしそう!という印象で、
焼きすぎてはもったいないので、中火でじっくり焼きました。
実際食べてみると、ほんとにふっくらしてプリプリ、塩気も控えめで優しい味
でした。これなら健康志向の両親にも安心して勧められます。
食べたのはとっても大きな鯖でしたが、夫婦二人で食べるのには十分すぎる
サイズでした。おなかいっぱいになりました。
商品名:疣鯛開き
商品写真

◆商品説明
白身でやわらかく、身離れもよい。旨味が強く、焼き上がりの味と香りも最高!
美味しくいただく焼き方のコツ★
保存方法