片口鰮丸干し
スタッフ写真
地方名で「ほほたれ」と呼ばれますが、その由来は、頬がたれるほど美味しいという意味です。
その名の通り、旨みと苦味のバランスが絶妙で、ほっぺが落ちるほど美味しいですよ。
おつまみに、おやつに、手軽なカルシウムの補充にいかがでしょう。
(スタッフ 宮脇)
調理例
調理例
片口鰮(かたくちいわし)の塩焼き
干物を焼くのは七輪が一番!真っ赤な炭火に干物の脂が落ちてジュッと音をたて、同時に香る香ばしい匂いが五感を刺激します。
お客様の声
お客様の声
身がふっくらやわらかで、やさしい味。
商品を見たときから、干物なのに身が厚くておいしそう!という印象で、
焼きすぎてはもったいないので、中火でじっくり焼きました。
実際食べてみると、ほんとにふっくらしてプリプリ、塩気も控えめで優しい味
でした。これなら健康志向の両親にも安心して勧められます。
食べたのはとっても大きな鯖でしたが、夫婦二人で食べるのには十分すぎる
サイズでした。おなかいっぱいになりました。
商品名:片口鰮丸干し
商品写真

◆商品説明
カルシウムたっぷり。
新鮮で味のいい豊後水道近海物にこだわりました。
美味しくいただく焼き方のコツ★
保存方法